目的によって理想の働き方は違う!正社員と派遣のメリット・デメリット8項目

      2017/08/15

近年では正社員=安定の考え方は変わりつつあります。

悩める人・多くの若者に影響力を与えているホリエモンも提唱していますね。

「絶対正社員にならない方がいいよ」

社会保険、福利厚生、安定と三拍子を揃えたように見える正社員。

 

実際のところどうなのか?

答えは、目的によって選ぶ行動は変わります。

ここでは実例を踏まえて、

・正社員で働くメリット・デメリット

・派遣で働くメリット・デメリット

を考えてみます。

 

◆正社員としての働き方

基本定年まで就職が見込めて、手当て等が充実しています。

 

以前は、私も2年間ほど正社員として一般事務職をしていました。

同期として入社し、現在も同じ会社でHちゃんとお互いの話をした後で、

さりげなく『正社員としての現状』を聞いてみました。

 

私:最近どう?働いて長いよね!!

ぶっちゃけお給料って結構貰ってるの^^?

 

これは衝撃を受けました!

私が新入社員として得ていたお給料と変わっていない!

(財形分を含めても16~18万ほどです。)

これはあくまで会社によりますが、年功序列という考え方は古くなってきています。

 

彼女は、日商簿記1級と各種資格をたくさん持っています。

昇格制度のある会社もある。

スキルアップ・資格取得⇒

必ずしも収入UP!にはならないんですね。

もちろん就職の際や、採用基準にはなりますが、

そこは、会社で存在価値をあげるには、重要ではない努力です。

 

 

また、正社員は会社から重要なポストを得ているため、責任感も重いです。

『辞めるわけにいかない』との思いから強いストレスを抱えて仕事をすることになります。

 

それでも、派遣社員にはないボーナスがあります。

ずっと安定して、その仕事一本でやりたい人むけです。

 

 

◆派遣社員とは

人材派遣会社に登録⇒希望の条件で求人を紹介してもらう⇒面接⇒就労といった流れです。

基本契約期間が定められており、なにかない限りは更新されることがほとんどです。

現在はスキルアップや、有給が取れる会社もあり、

福利厚生についてもしっかり選べば、きちんと受けられます。

 

派遣社員として働いた際、お給料は1500~1700円など高時給のものが多いです。

これは働き手が足りていなく、早く就業してほしいとの理由があります。

ボーナスも出ない分、高めに設定されています。

 

こちらは更新の有無があるため、安定は望まないほうが良いでしょう。

副業を現在していたり、何かほかに起業ややりたいことがある人向けです。

 

まとめ☆


◆正社員のメリット             ◆正社員のデメリット

福利厚生が充実している              ・就業規則の縛りがある

無期の雇用契約                   ・残業・休日出勤など基本会社の都合にあわせる

会社により昇格制度あり                ・部署の異動・業務命令に従うのが原則

ボーナス制度あり               ・面接時以外のお仕事も多くある。

⇒安定と、長くはたらける分会社でのポジションを得やすく、長期的に収入のUPしたい人向け

 

◆派遣のメリット              ◆派遣のデメリット

・意外とお給料が高めの設定         ・更新期間の縛りがある

・派遣会社が案件を探してくれる          ・昇格・ボーナスは望めない(会社による)

・副業しやすい                  ・交通費は自前が多い

・面接時に受けた仕事内容のみ        ・次の就労までに期間が開く可能性がある

⇒比較的早めに収入をもらえて、副業をしながらワークライフバランスを重視する人向け

 


 

正社員がいい、派遣がいいとは人によって異なりますね!

ぜひ、周りの意見に惑わされずに、

自分にとって良い選択をしていきましょう!^^

 

 

 - ビジネス