年収4億の人と年収400万円の人の決定的な2つの違い

      2019/04/08

年収4億の人と年収400万の人の決定的な違いとは

年収4億の人と、年収400万の人の違いは何だと思いますか?

 

答えは、4億稼ぐ為に必要なピンポイントの行動をどれだけやるか。なのですが、

 

大きな原因は”ゴール設定”にあります。

 

ゴール設定は簡単には夢のことで、成せるかわからない程大きく抽象度の高いものを指します。

 

人は、頭でイメージしたことしか現実にならない

現実的な夢しかない人と、

次元を超えた広く大きな夢がある人

 

 

当然両者には差がありそうですよね?

 

なぜ、この差がうまれるのか。

 

それは、人はイメージしたことしか現実にできないからです。

 

もう一度言います。

“イメージしたことしか現実にならない”

 

何億も稼ぐ経営者も、言ってました。

 

全てはイマジネーションから始まる。

 

 

例えば、旅行に行きたいなとイメージしたとします。

本当に行きたかったら、雑誌やネットで調べたり、計画を立てますよね。

 

もし、”旅行に行く”という気持ちがなければそもそも旅行には行けません。

 

 

これは、あなたが頭でイメージしたから行動に起こせたのです。

 

決定的な違い  一つめとは

 

もし、これを読んでいるあなたが

💎大きなことを成し遂げたい

💎成功したい

💎お金持ちになりたい

 

という願望を持つのなら、

【現状の外にある願望を持ち、そうなっている自分をイメージする】のです。

 

この時、叶うか叶わないかは気にしないことです。

 

『大きすぎて無理だよ』という場合は、無理というイメージが出来てしまうので叶えることは不可能です。

 

今、年収400万円の人も、願望設定によっていくらでも稼ぐことが可能です。

 

願望設定には、コツと押さえるべきポイントがあるので一人ではなかなかうまくいきまさん。

その為、コーチやコンサルタントから客観的にみてもらう必要があります。

 

現にそうした人達に習い、貧乏又は普通のサラリーマンだった人が起業し、何千万も稼ぐようになる話は沢山聞きます。

 

 

かの有名なカーネギーは、鉄鋼所の作業員から、鉄鋼王になりました。

なぜ、一作業員でしかない彼が莫大な財産と地位を手に入れることができたのか。

 

 

それは正に、

常に現状の外にある願望を実現した自分をイメージした からなんですね。

 

本日は長くなった為、

決定的な違いの二つめはまた後日書きますね。

 

椎名沙絵 

 - ビジネス