大きな願望を叶える”くじらを分けて食べる”思考

      2019/04/07

 

くじらを分けて食べる思考とは

くじらを分けて食べる思考とは、

大きな課題=くじら  に、

達成する=わけて”食べる” という例えです。

 

この”くじらを分けて食べる思考”に例えたのは、わかりやすいからです。

 

海に5000kgのクジラが打ち上げられました。

 

この大きなクジラを3日で食べきって下さい。とミッションがあっても

はい、やるまでもなく無理ですね。

クジラで例えるとすぐ理解して下さる方が多いのですが、

自分のことに例えるとどうでしょう。

 

・ダイエット1週間やったのに全然痩せない

・2週間、1日中WEBマーケティングで広告打ってるのに全然集客できてない

・仕事一生懸命やってるのに認められない

・彼に思い通りに愛されない

 

心の声が聞こえてきませんか?

 

そのゴールに対して時間と必要な行動量を知ってますか?

 

大きな願望はすぐに達成できるものではなく、

膨大な時間も行動量も必要です。

 

しかしなぜか、その工程を忘れて

すぐの結果を求めてしまう人が多いのです。

焦りや不安があったらなおさら”ヤバい”です!

 

クジラに例えると…

大きなクジラの尻尾の0.2割を食べただけなのに

『まだ食べきらないなー』て言ってるようなものですからね。 滑稽ですよね(笑)

 

ですが、結果を焦る気持ちがあると

事実が見えなくなってしまうんですね。

非常に恐ろしいです。

皆さんもどこかで覚えがあるはずです。

 

 

結果を焦る原因は、

①必要な行動量と時間の量がわかっていない

②すぐの大きな結果を求めている

 

 

クジラの話に戻ります。(^^)

毎日500gずつ食べれば、10日で食べきることができます。

毎日100gずつ食べれば、50日で食べきることができます。

 

 

 

毎日時間と必要な行動を重ねれば

意外と達成できてしまいます。

これが時間のレバレッジの効果です。

時間のレバレッジについてはこちら

 

 

より早く達成したいなら

一日の行動量も多くなるのは必然です。

ここを正しく受け止める人しか結果は得られません。

 

 

クジラを分けて食べる思考があれば

たとえ大きな願望でも、一日一日積み重ねれば可能なんです。

それが私のブログで『なるほど』と思ってもらえたら

書く価値があったなと思えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、うまくイメージがわかなければ

コメントやメッセージいつでもお待ちしています。

 - ビジネス