話が上手くなくてもできる。集団の中で人気者になるコツは?

   

 

あなたは集団の中での会話が得意ですか?

 

”一対一では話せるけど

集団の中で発言することが苦手”

 

な方は結構いますね。

私も苦手な一人です。

 

 

集団の中で発言力のある人って、

面白いことをよく言う人だったり、

盛り上げ役だったり、

目立つ人・・・

どちらかというと私は

そういうキャラではありません。

 

そんな私でも、『人気者になりたい』

という気持ちは人一倍あり、

もうそういうポジションの人を羨んだり

したくありませんでした。

 

人気者になるには、

 話のうまさは必須ではありません。

要素の1つではありますが、

話が上手くなくてもなれる方法が存在します。

 

 

 

 

 

 

 

口が上手くなくても人気者になれる方法

 

人気者の特徴を考えてみて下さい

また、反対といわれるような人の特徴も考えてみて下さい

 

人気者と言われる人は

誰とでも話をしていませんか?

”しかも自分から”

 

逆にあなたは話せる人と話せない人で

分けてはいませんか?

また”振られるのを待つ側”

ではないですか?

 

★最大の違いは、

自分からアクションを起こしていること

 

かと言って

『何話したらいいかわからないよ』

『話しかけても話題が広がらないよ』

 

そんな方は、今日から、

一番話しやすい、

又は仲良いと思う人に

 

『いつもより一言だけ多く話しかける

 

これを意識してみて下さい。

・トイレで鉢合わせたとき

・すれ違うとき

などほんの少しの合間に一言だけ。

あなたが職場や学校の中で

一番話しやすい人に対してやってみてね(^^)

 

慣れてきたら、

話しかけられずにいた人や

苦手だなと思う人にもやってみて下さい。

 

コツは共通の話題を振ること

年齢や趣味嗜好が違うとイマイチ、

話が盛り上がりにかけそうですが、

 

それよりも

“これを言ったら微妙な空気になりやすい”

”これを言ったら良い感じになりやすい”

ということを理解することが大事です。

 

もし共通の話題が見つからない場合は、

同じコミュニティのことで話しましょう。

職場なら仕事関係の質問や話題を振る等

 

例えばあまり仲良くない人に

プライベートのこと聞かれても、

『なんでそんなこと聞くの?』とか思ったり

流してしまいがちですよね。

 

当たり障りのない話題や共通の話題から

徐々に関係を築いていきましょう(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

次回は

集団の中で存在感・発言力をもつには?

について書きます。

 

〜続く〜

 

 - ビジネス