本当のチャンスは、ピンチの後にやってくる

      2020/03/29

 

ピンチはチャンス、という言葉、

本当の意味で理解している方はいるでしょうか?

 

 

皆さんの中には、いくらピンチはチャンスだと言われていても、

いざピンチがきたら、逃げ腰になってしまう

 

という方も多いのではないでしょうか?

 

むしろ、ピンチがやってこなければうまくいくのに。人生バラ色なのに。

 

なんて思ってたりしませんか?笑

 

 

 

ピンチがやってきたとき、

人は二択に別れます。

ピンチだと知って逃げる人、耐える人。

 

 

逃げた人にとっては、ピンチはピンチでしかないですよね。

 

さらにまたピンチがくると、また逃げます。

ピンチ=逃げる対象になるわけです。

 

 

実はその裏にチャンスがあるんだよ、なんて言われても

今まで逃げてきて、チャンスを得たことがないので、ピンチの裏にチャンスがあるなんて知らず、知らないままです。

 

 

そして、チャンスらしき事が起きると、

一目散に追います。

 

けれど、普段ピンチから逃げてるので、チャンスからは逃げられます。

 

人に例えたら、普段優しくしない人が、その人の利益の為だけに急に優しくしてきたら嫌ですよね。

 

チャンスは追うのでなく、相手から来た時に”掴む”ものなんです。そういう意味では、恋愛と似てるかな?

 

 

 

ピンチの時に耐える人は、ピンチのあとにチャンスがやってきた時に、同じように行動するのでチャンスを掴むことができます。

 

そしてピンチの時に粘る癖がつけば、毎回確実にチャンスを手に入れることができます。

 

周りは、ピンチの時のその人の行動を見てないので、結果が出たところだけをみて、羨ましがります。

本当は、ピンチを乗り越えた先にあった結果にすぎない、ということです。

 

 

ただ、『ピンチの時もチャンスの時も変わらず、自分がやるべきことをやっていた』

ということが多いのです。

 

 

 

どんなに悪い時も良い時も、自分がやるべき事をやる。

状況は必ず明るくなると信じてやり続ける。

 

そうすると、その後にきたピンチを自然と掴んでることに気づくはず。

 

これが、ピンチをチャンスに変える人の在り方です。

 

私自身、ピンチの時に耐えて、自分の課題をこなしていたときは、その2日後くらいに必ず良い結果が出ました。

 

何も予測もしてないし、特に努力もしてません。

 

けど、ピンチの時に逃げていたら、何も得られずただ苦しかった日々になっていたでしょう。

 

 

 

多くの人は、より努力をするとか、今より良いことをしようとします。

 

一番結果が出るのは、うまくいかない時にどうあるか。

うまくいかない時は、ほぼ多くの人が逃げたり、諦めたり、悪い方向に向かってしまいがち。

調子の良い時は誰でもうまくいきますよね。

悪い時にどうあるかがその人の人生を決めると思います。

 

ピンチはチャンスというのは、それを実現した人しか本当の意味では理解できないし、

 

ピンチの裏にチャンスがある、は

何度もピンチを乗り越えた人にしかわかりません。

 

 

もし、いまあなたの前にピンチが現れたら、

あなたはどうしますか?

 

 

悪い思い込みをしてしまう人の共通点

チャンスをモノにできる人は、ピンチの時も同じようにやっている♪

 - ビジネス